新宿で肩と首こりの整体院

2018/02/10

新宿で整体院を始めて

16年目になりました

 

今日のテーマは「肩こりと首こり」

 

全く肩こりが無いという人は

いないのではないでしょうか?

 

ただ、何かに集中している時は

ほとんど自覚ないようです

 

肩こりはそれなりに我慢できるので

仕事に集中している時は

全くというほど自覚が無いのです

 

仕事が終わった時とか

休憩の時に自覚するのです

 

何時ものことだからと我慢します

しかし、それがそのままにしていると

 

前胸部や肋骨の周りが堅くなります

呼吸が浅くなり、前屈みの姿勢が楽

 

背筋をピンとしていられない

腰や背中が疲れることになります

 

更に、それでも我慢していると

首が太くなっていきます

首こりが徐々に感じ始め

 

今度は時々頭痛になります

ですから、頭痛の人は

ほとんど首こりとなっています

 

それでは首こりの人は

肩こりがあり、肋骨回りが

硬くなっています

 

何時ものことだからといって

そのまま放置していくと

肋骨、肩甲骨、肩こり、首こり

頭痛と上に上がっていきます

 

しかし、一番最初は指のこりに始まり

腕、二の腕に上がっていきます

 

来られる人は酷いこりになっています

人はぎりぎりになるまで分からないのです

 

私も月に一回は整体を受けています

しかし、いざ受けてみると

全身がこんなに悲鳴を上げている

受けてみて始めて分かるのです

 

私でも自分の思いと

自分の体の現実とは

かなりの距離があることが分かりました

 

ですから、少し疲れがたまったかな

と思う時でも、かなり酷い場合もあります

 

特に女性の場合は小胸筋という筋肉が

どこにあり、こりがあるかどうかを

知っている人はほとんどいません

 

施術をしている私もびっくりです

ほとんどが肩の部分のこりだと

信じているのです

 

時々、ここは筋肉なのですよと言うと

そこに筋肉があったのですか

 

そこは今まで一度も施術したことは

ありませんというのです

 

それが、どんなに硬くなっていても

そこはこりが無い所と思っている

 

今までの施術のやり方では

慢性肩こりや慢性腰痛は

ほとんど直らないでしょう

 

定期的にメンテナンスが必要と言われ

つづけて整体院やマッサージに

通うしかありません

 

整体院やマッサージ、整骨院も

商売なので長く続く事は良いことですが

 

肩こりや腰痛に慢性的で治らないもの

として考えることはありません

 

原因が明確になっているならば

50代位までなら慢性では無くなります

 

ただし、骨格の短時間の調整や

10分くらいの軽いマッサージでは

 

何年やっても効果は無いでしょう

何十年の疲れた体の本体は

 

先ずは筋肉に疲れが大きくたまります

その筋肉にしっかりと向き合うことが

大切になってきます

 

軽い程度のものならば

適度な施術で改善しますが

 

カチカチになった筋肉は

そんなに簡単には改善しません

 

少し痛く押すと筋肉を痛めるとか

と言いながら痛みを出さない施術

を進めている場合も多くあります

 

ゴットハンドと言いながら

ほとんど治せない達人が

セミナーをやったりしています

 

ソフトにソフトに施術しながら

長い時間をかけています

 

施術は数え切れないほど

沢山の施術法がありますので

 

本当に改善できる所を探すことも

大切な事だと思います