新宿で腰痛になったら整体で楽に

2018/10/03
ロゴ

肩こりの場合はこりがあっても

それなりに我慢できるが

腰痛の場合は我慢のしようがない

 

歩くのも苦痛

座っているのも苦痛

寝ていても苦痛

 

その痛みが続くと不安になってくる

明日、仕事は大丈夫だろうか

もっと悪くなったらどうしよう

などと不安が大きくなる

 

季節の変わり目のこの時は

意外と腰痛になる人が多い

 

腰痛の人を調べて見ると

意外と筋肉性の腰痛が多い

次に多いのが関節に問題がある人

 

筋肉性の腰痛の場合で最も多いのが

大腰筋の筋肉のこり

この筋肉はお腹の底にあって

触れにくく、施術しにくい

腰痛なのにお腹側の筋肉に問題がある

 

人によっては背中だったり、腰だったりする

腰痛の人は腰の後ろだと思っているが

お腹側の筋肉のコリを緩めると楽になる

ほとんどの人が驚く

 

当院では確認はお腹側からするが

背中側から背骨を揺らして施術する

この施術法がDRTである

 

DRT以前にはお腹側からの施術だったが

今はほとんどが背中を揺らすだけ

で楽になっているので

私も驚いている

 

しかし、背中を揺らす目的は

頸椎の異常を調整するので

大腰筋が楽になるのだ

 

大腰筋が目的で揺らすのではない

DRTの最大のポイントは頸椎の調整

大腰筋、背中の筋肉、足の筋肉

全身が一瞬のうちに楽なっている

 

数ヶ月間に渡って

DRTの確認を毎回行ってきたが

短い時間で全身が変わるので

毎回、感動の連続である

 

今日もぎっくり腰の人が来院した

新宿で腰痛になり整体院探した

かなりひどい大腰筋のコリだったので

一気には楽にはならなかった

数回の施術が必要だったが

明日の出張ができる程度になった

 

次に問題なのが仙腸関節

仙骨の横にある関節で

僅かにずれるだけで腰痛になる

 

関節の回りを押すと激痛

足の何カ所が硬くなり張っている

 

これも背骨を揺らすDRTで楽なるが

ひどい場合はもう少しの施術をしている

仙腸関節の施術時間は僅かだが

かなり楽になっている

 

腰痛のひどい人の場合は

両方の異常がある場合も多い