新宿で慢性腰痛が楽になる整体

2018/10/05
ロゴ

今日も、慢性腰痛と慢性肩こりの

人が何人か来院した

 

季節の変わり目なのか

最近は腰痛の人も多い

 

何故、慢性腰痛になるのか

考えてみることにする

 

一番の原因は

同じ姿勢で長時間の仕事

姿勢が悪いので大腰筋がつかれる

この二つが原因の人が多い

 

施術前に検査をしてみると

腰痛で苦しむ人の大半は

大腰筋がこりがある

 

少し触れるだけで痛い

日常の中での特徴を聞くと

 

上を向いて寝られない

直ぐに横向きになって寝る

 

朝起きた時に腰が痛い

枕を変えたり、式布団を変えたり

 

色々やってみても効果が無い

整体やマッサージにも時々行くが

 

基本的に施術はうつ伏せになって

背中の施術、腰の施術

となっている場合が多い

 

当院でも背中からの施術はするが

検査は上向きになってポイントを

確認する事が多い

 

腰痛で骨格や関節に異常があるなら

そんなに長くかかるはずはない

 

慢性化している場合は

筋肉の場合が多いが

 

うつ伏せでしか施術をしないならば

取れない場合もあるように思う

 

以前には上向きで直接大腰筋を

緩めていたが

 

今年になってからはDRTを取り入れたので

検査は上向きと下向きの両方

 

施術は下向きで背中を揺らすだけで

大腰筋が緩んでいく

 

施術時はお客様は全く痛くない

むしろ、快適で眠くなる

これが、ぎっくり腰でも同じ

 

施術している方が感動するくらい

大腰筋が緩んでしまう

 

だから、慢性腰痛と自覚している人も

慢性腰痛では無くなっている

 

慢性腰痛は長い期間の施術が必要

そんな事はありえないと思っている

 

要は原因が明確であるならば

それに対する明確な施術があるならば

確実に改善するようになっている

 

ラポール整体院 長津静雄