腰痛は普段のメンテナンスが必要

2018/10/15
ロゴ

腰痛にも色々あります

腰のどの部位が問題なのか

 

骨盤と背骨の付け根

殿部の左右のどちらか

腰に近い背骨の両側

背骨を押すと痛い

前にも後ろにも曲がらない

お腹もカチカチになっている

動けない、歩けない

腰が激痛

体が曲がっている

腰も足も痛い

 

腰痛の大変なのは

ひどくなると動けなくなる

仕事が出来なくなる

旅行が出来なくなる

家事が出来なくなくなる

 

腰痛がひどいと不安になる

その不安がもっと大きくなる

 

肩こりや首こりは

我慢しながらもなんとか

仕事も家事も旅行も出来るが

 

腰になると全く違ってくるので

腰痛だと感じたならば

早めに対応することをお勧めします

 

一番ひどいのはぎっくり腰

ひどくなると動くのも大変

トイレに行くにも辛い

眠ることも出来ない

 

ぎっくり腰だと思ったら

早いうちに対応すると

意外と早く良くなる

 

歩くのも大変なのに

「今日、なんとか楽にして下さい、明日から

絶対に行かなくてはならない出張なのです」

 

「明日からツアーで屋久島に行く」

 

そういう人も時々いますが

動けなくなることも無く

ほとんど無事に帰ってきている

 

ぎっくり腰は大変ではあるが

施術する方としては

初回からかなり楽になっている

勿論、完全では無いので

帰ってきてからしっかりと

施術しているが

 

中には痛みが取れたので数回で

施術を終わる人もいるが

ぎっくり腰にならないような

体作りが大切なのです

何故なら、ぎっくり腰を何度も

と言う人が意外に多い

 

ぎっくり腰の大半は

全身の過労が原因の場合が多いので

 

数カ所のポイントで一気に楽になる

と言うことはない

 

しかし、最も原因になっている

と言うところがある

 

それが大腰筋と仙町関節

この二つの施術がしっかりできると

腰痛の苦痛が半減する場合が多い

 

しかし、体の警告は休みなさい

数日間はしっかりと休むこと

 

救急車で病院に入院する人もいる

ぎっくり腰は病院でも受け入れてくれる

しかし、過労なので特に治療は無いようだ

 

入院した人が言うには

しっかりと5日間入院したが

特に治療は無かったと

 

腰痛は何と言っても

普段のメンテナンスが大切

仕事などに集中している時は

例え疲れていても

 

コリがひどくても

全く自覚が無い人が多い

メンテナンスで毎月来る人の

体を触れてみると

こりがあっても自覚のないのだ

 

一度腰痛になった人は

月に一回のメンテナンスを

しているとほとんど腰痛には

ならない人が多い

 

特にひどい腰痛や

ぎっくり腰にはならないようだ

 

新宿 ラポール整体院 長津静雄