慢性腰痛の原因

2019/04/14

慢性腰痛には原因があります

背中の疲れや

腰の痛みが慢性的になっている人は

整骨院や整体、マッサージなど

色々と施術していると思いますが

 

慢性腰痛の場合は

大腰筋のコリが多いようです

大腰筋は足の大腿骨から背骨に繋がる

大きな筋肉ですが、お腹の下にあるので

触れにくい所なので

ほとんどの整体院やマッサージなどでも

直接に触れて施術する所は少ないようです

 

しかし、この触れにくい大腰筋ですが

これを施術できないと

慢性腰痛は長い時間がかかります

治療は決して難しいものではないのですが

直接触れると痛みがありますので

施術する方も触れないようです

 

当院では、この大腰筋は直接触れます

痛いのですが

施術後には既に痛みが大幅に

少なくなっていますので

改善が初回のお試しの施術でも

明確に分かるようになっています

 

但し、施術は全く痛みがありません

背骨に付着している大きな筋肉なので

DRT整体を行うことで

緩んでいきます

 

DRTは背骨を揺らすだけのようですが

背骨に繋がる

様々な骨格や骨盤、頸椎が

同時に調整されていきます

 

骨格の調整すると同時に

筋肉も同時に柔らかくなっていきます

勿論、一回では完全に楽になることはできません

 

また、慢性腰痛の方の場合は

どんな姿勢をしているかが大切です

 

当院では原因となっている

筋肉や骨格の調整意外に

必ず姿勢の確認と

改善の努力もしてもらいます

 

施術と姿勢の両方が大切なのです

 

姿勢改善の努力は本人でしかできませんが

お薦めのグッズがあります

Dr ミニクッションです

 

ひどいぎっくり腰になったが

一回の治療後に明日から大阪の出張

しかも、3日間もあるのです

 

当院でお試しに使っているクッションを

使ってもらうことにしました

大阪で推薦できる整体院を紹介しましたが

そこに行かずに何とか仕事を終了

3日間いつでも、そのクッションを

使っていたので楽だったと言っていました

 

Dr クッションとDr ミニクッションがあります

<iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=tf_til&t=sjkatakori-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=B003FGLL4U&linkId=100c470df808d6acb3552d8b70b9b4d6&bc1=FFFFFF&lt1=_top&fc1=333333&lc1=0066C0&bg1=FFFFFF&f=ifr">

    </iframe>