慢性肩こりの原因と施術

2019/05/10

慢性肩こりが10年、20年という人

意外と多いのに驚きます

腰痛や頭痛の場合は我慢できない

動けなくなるとか

仕事にさしつかえるとかとなるので

 

そのままにしておくことができない

しかし、慢性肩こりの場合は

我慢するとそれなりに

仕事もできるのでそのままになっている

 

慢性肩こりが

単に肩だけのこりならば良いのですが

意外と沢山の筋肉や骨格、

関節に問題がある場合がある

 

その中でも一番多いのが

肋骨回りのこり

肩甲骨裏のこり

鎖骨回りのこり

がある場合が多いのです

 

肋骨回りのコリが何故起きるのかというと

肋骨を動かしていることが少ないのです

サッカーをしている人

水泳やテニスをしてる人は

肋骨回りが柔らかい人が多いのですが

あまりスポーツをしていない人は

肋骨回りが硬くなり太くなります

すると、背骨も硬くなるので

座っているのも疲れやすくなります

腰痛の自覚は無いが

大腰筋にコリがある場合も多いのです

 

慢性肩こりは我慢しながら

5年10年と経ってしまいますが

その期間に肋骨回りが硬くなり

太くなり背骨まで硬くなります

 

ところが20代で慢性肩こりの

肩コリの方を施術すると

肋骨回りのコリが

意外と早く取れるのです

5年10年と時間が経つほど

肋骨回りが太くなって硬くなります

それだけ施術も時間がかかることになります

<iframe style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="https://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?ref=qf_sp_asin_til&t=sjkatakori-22&m=amazon&o=9&p=8&l=as1&IS1=1&detail=1&asins=4774517097&linkId=26b4a8ec3ca6ba92dff06ca673507b32&bc1=ffffff&lt1=_top&fc1=333333&lc1=0066c0&bg1=ffffff&f=ifr">

    </iframe>